お日様ぽかぽか

春の日差しのように暖かなご両親のもと、伸び伸びとまっすぐに育つお子様の姿が目にまぶしい

両陛下

今上のコミュニケーション力②

今上、秋篠宮と違い、おひとりで公務に望まれることの多い皇太子殿下。

国連本部で開かれる「水と災害に関する特別会合」に出席されるため
17日から5日間の日程でニューヨークをご訪問になり、
特別会合の開会式で基調講演をされることが発表されました。
3年前に皇族として初めて国連で演説をされた皇太子殿下ですが
どうやら今回もおひとりでニューヨークをご訪問されるようです。

今上、礼宮は常に伴侶と行動を共にしていますが、
皇太子殿下はおひとりでも立派にお努めを果たされているのが誇らしいですね。

さて、私がいつも訪問している「列外派星くず日記」さまのところで
こんな記事を見つけました。

「ミッチー登場前から勢津子さまが欧州ロイヤルのホステスでした 」
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-939.html
(2015年8月31日)

同記事の中で、イギリスのアレクサンドラ王女の初訪日の様子が紹介されています。

「Princess Alexandra's Tour Of The Far East AKA Japan Hails Princess (1961) 」
https://www.youtube.com/watch?v=ckR7MeOo-aI

冒頭にはイギリスの王女をお迎えして堂々とご挨拶されている、
秩父宮妃殿下 勢津子様のお姿があります。
高円宮妃殿下 久子様が英語、フランス語に堪能なこと。
ご存知の方が多いことだと思いますが、
勢津子様も語学に堪能でいらっしゃったようですね。
続きを読む

今上のコミュニケーション力①

2015年11月12日号の文春に
『美智子さま「ご心痛」の核心
天皇 富山海づくり大会 式辞ご中断事件』
という見出しの記事が掲載されています。

10月25日に富山県で開催された「第35回全国豊かな海づくり大会」の最後に
横山栄富山県議会議長が「閉会の言葉」を述べようとして
壇上中央の今上に敬礼をする位置まで行ったとき、
今上が突然横山議長に向かって右手を差し出したのだそうです。

突然の出来事に戸惑っていると手招きをされたので
恐る恐る今上から1mほどの位置まで近づくと、
「最優秀作文の発表は終わりましたか?」と質問。
一瞬あっけにとられた議長は「終わりました」と言うのが精一杯。
それでも納得できないという表情の今上の姿に、
たまりかねた美智子さんが顔を近づけて何かささやくと、ようやく納得。

・・・周りの方は驚いたことでしょう。

8月15日の終戦記念日に開催された全国戦没者追悼式の席でも
黙祷するのを忘れてお言葉をフライングする姿がテレビで放映されていました。
紙を取り出して話し始めた今上の言葉にかぶせるように
大きな声で「黙祷!」と叫んだ司会者の声。

それはとても衝撃的なものでした。
続きを読む

平成皇室に抱く違和感

以前も紹介しましたが、私がいつも訪問している「どうしても言いたい」というサイトに
私がずっと平成皇室に抱き続けていた違和感を
理路整然と説明しているブログが紹介されていました。

「おぼろな・・・」
~平成皇室に思う~

http://oborona.web.fc2.com/top.html

続きを読む

違和感④

いよいよ2014年も終わり、新しい年になろうとしています。
天皇誕生日を前に12月19日に恒例の記者会見が行われました。
あらかじめ準備されていた記者からの質問に天皇が答えるという形をとっていますが
今年はこのスタイルにひと悶着ありました。

 天皇陛下が誕生日に際し、質問に答える形で自らの考えを述べられる記者会見。ここ10年の会見は質問3問とご回答への関連質問という形式だったが、宮内庁は今年、質問を2問に減らし、関連質問も取りやめるよう宮内記者会に強く求めた。

 宮内庁が質問削減の理由に挙げたのは、「80歳を超えたご年齢にふさわしいご活動のあり方が必要」との考え方だ。

(12月23日産経ニュースより抜粋 http://www.sankei.com/life/news/141223/lif1412230006-n1.html

続きを読む

違和感③

桂宮殿下のご薨去を受け、皇族方が喪に服されました。

8日付の朝日新聞によると服喪期間は以下のようになっています。

内廷皇族:5日間
宮家 :5日間
三笠宮両殿下:30日
寛仁親王妃信子様、高円宮妃久子様:5日間
三笠宮彬子様・瑤子様、高円宮承子様・典子様・絢子様:7日間
朝日新聞デジタル 2014年6月8日 20時2分配信 参照)

皇族の服喪期間がどのようにして決められるのかはわかりませんが
かつて明治42年に発令された皇室令第12号に「皇室服喪令」があり、
この令に基づいて皇族の服喪期間が定められていました。
この皇室令は日本国憲法施行に伴い廃止されましたが
現在でも拠り所にしている部分があるようです。
皇室服喪令(明治42年皇室令第12号)
(中野文庫より)続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ