お日様ぽかぽか

春の日差しのように暖かなご両親のもと、伸び伸びとまっすぐに育つお子様の姿が目にまぶしい

ニュース

違和感④

いよいよ2014年も終わり、新しい年になろうとしています。
天皇誕生日を前に12月19日に恒例の記者会見が行われました。
あらかじめ準備されていた記者からの質問に天皇が答えるという形をとっていますが
今年はこのスタイルにひと悶着ありました。

 天皇陛下が誕生日に際し、質問に答える形で自らの考えを述べられる記者会見。ここ10年の会見は質問3問とご回答への関連質問という形式だったが、宮内庁は今年、質問を2問に減らし、関連質問も取りやめるよう宮内記者会に強く求めた。

 宮内庁が質問削減の理由に挙げたのは、「80歳を超えたご年齢にふさわしいご活動のあり方が必要」との考え方だ。

(12月23日産経ニュースより抜粋 http://www.sankei.com/life/news/141223/lif1412230006-n1.html

続きを読む

桂宮殿下 薨去

桂宮殿下のご薨去に、心からお悔やみ申し上げます。

自分の息子たちを3度も見送ることになってしまった
三笠宮殿下のお気持ちを思うと本当に胸が痛みます。

2002年にはご三男だった高円宮憲仁親王殿下が心不全
2012年にはご長男の寛仁親王殿下が多臓器不全
そしてこのたびはご次男の桂宮宜仁親王殿下が心不全
なぜこんなことになってしまったのでしょう・・・。

近衛甯子様、千容子様が女王方とご一緒に
三笠宮様と百合子様をお支えになってくださいますように。。。

王室の世代交代:スペイン国王 退位へ

スペイン国王のフアン・カルロス1世生前退位のニュースが
世界中を駆け巡りました。

カルロス1世は6月2日にテレビを通じて、
「若い世代に引き継ぐ時期である」
「王室を刷新し、これまでの誤りをただし、よりよい未来に道を開く」
と話されたそうです。

王族による公金横領疑惑などの王室スキャンダルに加え、
国王自身の健康問題を抱える中で
王室の権威を取り戻すために生前退位を決心したとのことで
このカルロス1世による突然の退位表明に伴い、
スペイン政府は緊急閣議を開催して憲法を改正し、法整備を行うそうです。

ヨーロッパ王室の君主は高齢化が進んでいます。

ノルウェー国王・ハーラル5世は1937年生まれの77歳、
デンマーク女王・マルグレーテ2世は1940年生まれの74歳、
スウェーデン国王・カール16世グスタフは1946年生まれの68歳
続きを読む

典子女王殿下、おめでとうございます!!

高円宮典子女王殿下、ご婚約内定、本当におめでとうございます!
心よりお祝い申し上げます。

高円宮様が薨去されてから寂しい日々もあったことと思いますが
品位と知性にあふれ、明るくお優しい久子様のもと、
美しくご立派な女王に成長され、本当に嬉しいです。
会見の様子を拝見しましたが、ハキハキとしたお受け答えと
明るい笑顔がとても印象的でした。

そしてお相手の千家国麿様!
出雲大社の禰宜を務められている方ということでしたが、
本当にお優しそうで、素敵な方でしたね~。
会見で典子様が「長くお待たせしてしまって」とおっしゃったとき
フルフルと首を振っていたのがとっても可愛くてつぼにはまりました。
続きを読む

菊栄親睦会による傘寿のお祝い・・・風向きが変わった?

ヤフーニュースに菊栄親睦会が陛下の傘寿祝いの席を設けたことが出ていました。

・・・て、報道を見て、あれ?筆頭宮家の名前が出ていない~。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ