お日様ぽかぽか

春の日差しのように暖かなご両親のもと、伸び伸びとまっすぐに育つお子様の姿が目にまぶしい

秋篠宮家

違和感①

8日の午後0時57分、桂宮殿下のご遺体が宮邸に戻られてから、
次々に弔問に駆けつけられた皇族方の様子が報道されています。

「悲しみに包まれる桂宮邸 両陛下もご弔問に」

 桂宮さまのご遺体は8日午後0時57分、東京都千代田区三番町にある桂宮邸に戻られた。ご両親である三笠宮ご夫妻をはじめ皇族方が次々と駆けつけられ、夕方には天皇、皇后両陛下も弔問に訪れられた。

 三笠宮ご夫妻は午後2時17分、桂宮邸に到着された。門を通る際には、ご夫妻ともうつむくことなく、前をしっかり向かれていた。午後3時には高円宮妃久子さまがご到着。桂宮さまのめいにあたる三笠宮家の彬子さまと瑶子さま、高円宮家の承子さま、典子さまも宮邸を訪れられ、桂宮さまの姉である近衞●(=ウかんむりの下に心、その下に用)子(やすこ)さんらご親族も駆けつけた。

 宮内庁関係者は宮邸内の様子について「三笠宮ご夫妻は普段通りのご様子だった」と話し、「ご家族で静かに過ごされている」と話した。

 午後5時過ぎには両陛下がご弔問に。皇太子ご夫妻、秋篠宮ご一家、常陸宮ご夫妻も訪問された。

msn産経ニュース 2014年6月8日 19時21分配信より抜粋) 
続きを読む

陛下の負担を減らす「公務」?

筆頭宮家のご長女が一日2回の公務をこなし
公務に精力的に取り組んでいることがニュースになっています。

2013年10月18日07:00配信の女性自身によると、
ICU関係者の言葉として、ご長女が大学院に入りたいと希望していること
ご自身も院への進学を希望している様子が述べられていました。

《自分は最初、留学するなら大学院で留学しようかと考えていました。しかしエクスチェンジ経験者の肩からお話を伺って、2011年の夏休みにアプライすることを決定しました》http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/imperial/7981

以上の状況からわかるように、
元々は院に進む気満々であったと推察されます。

ところがいざ卒業となったら就職・進学せずに「公務に専念」。
2014年4月7日7:00配信のNEWSポストセブンには
秋篠宮家関係者の話が掲載されています。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ