お日様ぽかぽか

春の日差しのように暖かなご両親のもと、伸び伸びとまっすぐに育つお子様の姿が目にまぶしい

皇太子徳仁殿下

ケンブリッジ公爵 初訪日

英国ウィリアム王子が2月26日から三泊四日のスケジュールで
日本を訪問されました。

26日 
羽田到着後、船で浜離宮へ移動
船上から五輪試合会場予定地視察
浜野離宮恩賜庭園(散策・茶の湯体験)

27日
横浜市保土ヶ谷区の英連邦横浜戦死者墓地参拝
皇居・御所で昼餐
東宮御所で懇談
六本木ヒルズのイギリス関係イベント出席
NHK訪問(大河ドラマ撮影スタジオ・ニュースセンター見学)
英国大使公邸のレセプション出席

28日
代官山蔦屋書店『Great British Days』フェア訪問
福島県郡山市訪問
子ども向け運動施設訪問
磐梯熱海温泉旅館で歓迎会


1日
宮城県石巻市・女川町訪問
石巻市日和山公園で津波犠牲者慰霊
地元紙「石巻日日新聞」の編集部員と面会
女川町で慰霊碑「津波記憶石」見学
生活復興商店街「きぼうのかね商店街」地元の人々と交流

判明しているだけでも、ものすごい過密スケジュールです。

そういえば浜離宮でお茶を点てたのは
裏千家前家元の千玄室さんでした。
裏千家といえば、三笠宮の容子様が第16代家元に嫁がれています。
当日は臨席されていたのでしょうか。

出雲の千家家に御輿入れされた高円宮の典子様といい、
内親王・女王方は皆さん、さすが!というところに嫁がれていますね。

続きを読む

皇太子殿下、お誕生日おめでとうございます

本日2月23日は皇太子殿下の55歳のお誕生日です。
皇太子殿下、お誕生日おめでとうございます。

宮内庁から会見でのお言葉とご家族お揃いの写真、ビデオが発表されていますが
東宮ご一家がお揃いになっている姿、見ているだけで本当に安心します。
お互いに尊敬し、愛情を寄せている様子が伝わってくるからでしょうか。
敬宮愛子内親王殿下のお名前の通り、
「敬愛」という言葉が日本一お似合いのご家族だと思います。

ph2-h27az-birthday1

ph2-h27az-birthday2

ph2-h27az-birthday3

平成27年皇太子殿下お誕生日に際してのご近影 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/02/h27-0223-ph.html

由莉ちゃん、本当にいいお顔をしていますね。
「ペットを見れば飼い主の姿がわかる」
本当にその通りです。

そして愛子様。
いつ見ても色が白くて、ストレートの黒髪がきれいで、お姫様みたい~
・・・なのですが、この写真を見て気づきました。
愛子様ってば、顔が小さい!

これまでは単独のお写真が多くて感じなかったのですが、
背が伸びてしゅっとしてきたら、とっても小顔だったのですね~。
古式ゆかしきお姫様は手足も長く、スタイルも抜群。
真面目で勉強熱心、音楽や歴史にも造詣が深くそのうえ運動神経もいいだなんて、
どこに出しても恥ずかしくない、ご立派な姫君ですね!

東宮ご一家を取り巻く状況は決して安寧としたものではなかったはずなのに、
皇族もどきが跋扈する中、それらにおもねく恥知らずの悪意にもびくともせず
唯一の姫君をここまでご立派にお育てされた皇太子殿下と妃殿下。
本当にありがとうございます。
そしておめでとうございます。

これからも末永く仲睦まじいお姿を見せてくださることを楽しみにしています。

皇太子殿下のご公務

桂宮殿下のご薨去に伴い、皇族の方々が喪に服されています。

9日付の産経ニュースで皇太子殿下が服喪期間中、
ご公務をとりやめたというニュースが伝えられました。

「皇太子さま、ご接見などお取りやめ」 
 宮内庁東宮職は9日、桂宮さまが薨去されたことを受けて喪に服している皇太子さまが、同日と11日にお住まいの東宮御所で予定していた青年海外協力隊隊員との接見を取りやめるとともに、10日の新日鉄住金君津製鉄所(千葉県君津市)視察を延期されると発表した。
msn 産経ニュース 2014年6月9日 12時42分配信)
続きを読む

皇太子殿下がダービー台覧

2014年6月1日、皇太子殿下が7年ぶりに日本ダービーを台覧されました。
今回優勝したのは3歳になるワンアンドオンリーという競走馬。

1960年生まれの皇太子殿下のお誕生日はいわずと知れた2月23日。
今回のダービーでは騎手の横山典弘氏(1968年生まれ)
競走馬のワンアンドオンリー(2011年生まれ)
オーナーの前田幸治氏(1949年生まれ)
共に2月23日生まれだったことがレース後に話題になりました。

レース後のインタビューで横山騎手が
「自分も馬もオーナーも皇太子殿下と誕生日が同じだから
何か起こるんじゃないかなと思っていたら、
本当に何か起こってしまいました」
と語っていたのがとても印象的でした。

続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ